• ユニットバスのリフォーム

    従来の工法の浴室は、時間がたつことえ水漏れやシロアリなどのトラブルが起きやすくなってしまいます。
    そのためリフォームをするなら、工期の短く水漏れの心配のないユニットバスにリフォームすることをおすすめします。
    リフォームでユニットバスにするメリットとしては、まず工期が短いことが挙げられます。



    工場で作られたパーツを組み立てるだけですので、工期が短くなりその分人件費も抑えられます。



    全てが浴室のため掃除がしやすく、カビが生えにくい、汚れにくいなどの特徴があります。



    素材は汚れにくいものが使用されており、またついてしまった汚れも落としやすいなどのメリットがあります。


    断熱性に優れているのも嬉しいポイントです。

    二重構造となっているためよく室内の温度が逃げにくく、暖かさが保たれます。
    脱衣所と洗い場との段差がなくなっていたり、またぎやすい高さの浴槽、滑りにくい床などの設計がされているため子供から高齢者まで安心して使うことができます。

    ユニットバスは規格品を現地で組み立てることから、ほとんどの浴室でリフォームすることができ、壁を壊すような大掛かりな工事はほとんど無いとされています。
    最近では狭いバスルームに対応出来るものも開発されています。
    値段もバランス釜の交換や浴槽内装の工事の場合30万円以下でリフォームすることが可能で、浴槽の交換だけであれば50万円未満で行うことができるとされています。

    ただし、浴室のなかった場所に作る場合には給排水や電気、ガスの工事も必要になります。